乳児湿疹の教科書│原因を知り保湿をきちんとすれば一カ月程度で改善

症状を悪化させないために

笑顔の母と子

正しくケアをする

生まれたばかりの赤ちゃんであれば、皮脂が活発に出てきやすくまた肌が弱いので、乳児湿疹になることがあります。原因も様々ですが、きちんとしたケアをすれば数カ月または数年程度で改善します。間違えないためにも、乳児湿疹の原因をきちんと見つけることから始めるとよいです。赤ちゃんは肌が弱いですので、汗などの刺激が強ければ乳児湿疹をおこしやすくなります。できる限り清潔な状態を維持するとともに、肌を乾燥させないように保湿をきちんとすることです。衛生面だけが原因ではなく、アレルギーがかかわっていることもありえますので、食事などにも気をつけていけば、乳児湿疹になってしまう可能性を減らすことができます。原因が分からない場合は、医師に相談するなどして適切に対応すれば悪化を防ぐことが可能です。

保湿をすることです

アトピーやアレルギーなどで乳児湿疹になってしまうこともありますが、どちらかといえば、乾燥などの影響で乳児湿疹になることが多いといえます。慌てて病院に行くのではなく、保湿の仕方を見直してみることです。汗や皮脂によるものならば、一カ月程度で改善することが多いです。一カ月を過ぎても、乳児湿疹が改善されない場合は他の原因の可能性が高いので医師に診てもらうとよいです。赤ちゃんの肌は強くないですので、毎日きちんと保湿を行わなければいけません。保湿をする時に重要になるのは、こすらないようにすることです。肌の状態を見て、保湿をしますがその際にこすってしまうと刺激を与えることになりますので、乳児湿疹がでやすくなる可能性があります。優しく丁寧に、保湿をすれば問題ないです。