乳児湿疹の教科書│原因を知り保湿をきちんとすれば一カ月程度で改善

赤ちゃんの湿疹

手を握る赤んぼう

突然湿疹が出る理由とは

親にとって、赤ちゃんはすくすくと病気もせず健やかに育って欲しいと願っています。しかし、現代の生活環境では、赤ちゃんも例外ではなく、原因不明の病気になる可能性があります。よく見られる症状として、乳児湿疹があります。突然顔や体に赤いぶつぶつのような物が出現することがあり、この総称が乳児湿疹と呼ばれています。異変が起こると親は原因が分からず、どうしてもあわててしまいます。ですが、あわてる必要はありません。乳児は、大人に比べて免疫力が完成しておらず弱いため、体内で生じた様々な異変が、皮膚などに生じやすいのです。原因を探って適切な処置を行い、冷静に対処を行うことで、乳児湿疹は怖いものではありません。では、乳児湿疹が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

湿疹が出てもあわてない

乳児湿疹は、多くの場合は自然治癒するものですが、一定期間改善が見られない場合は、医師の診断を受ける必要があります。湿疹にはいくつかの種類があります。生後すぐの場合は、新生児ニキビです。大人と同じように体内の過剰な油が体外に排出される際に起こるもので、自然に治ることがほとんどです。また成長すると、あせもや乳児脂漏性湿疹が見られるようになりますが、体を清潔に保つことで防止できます。悪化しやすいのは、アトピー性皮膚炎です。強いかゆみを伴い、子供も泣き叫んだり不安定になることが多く、ハウスダストなどのアレルゲンによるものが発生要因となる事が多いです。診察時には、迅速な原因の特定や、服薬による症状の軽減が行われます。また、赤ちゃんが母体にいる時期に、食物アレルギーを形成してしまう場合があり、注意が必要です。乳児湿疹は突然発生しますが、原因がある程度特定されていることが多く、親は慌てることなく、子供の事を第一に考え、冷静に治療やケアに集中することが大事です。